2007年 海外視察研修ツアー

 ヨーロッパ(エアバス、ユーロコプタ)の航空産業の現状を視察するため6月23日に日本を出発した研修団一行(学科教官3名、大学院生1名、4年生1名、3年生13名、2年生16名の計34名)は、無事にヨーロッパでの研修を終えて6月30日に帰国しました。海外の航空宇宙産業の現状を実際に見聞したことによって一回り大きくなった自分自身を実感すると共に、この体験を今後の学生生活に活かしてくれることを期待しています。

戻る