大型フライトシミュレータ1号機運用開始

 先に運用を開始した2号機に引き続き、運用準備が進められていた空港キャンパスの大型フライトシミュレータ1号機が、平成16年4月より、運用を開始しました。本シミュレータは、2号機と同様、Flight Safety 社製 Cheyenne III 型を本学科で独自に改修を施したものです。フライトシミュレーションによる実験や操縦同好会の活動等、2号機と共に広範囲な利用が期待されています。
戻る