新任のパイロットさんと整備士さん着任
 平成16年7月1日、新任の 東 碩美 操縦士と 内布 貴士 整備士が着任されました。昨年の飛行機事故以来、固定翼機によるフライト実習を停止しておりましたが、安全性を再確認した新体制の本、いよいよ9月より飛行が再開されます。昨年導入した新型の双発ジェットヘリBell430と共に、固定翼のソカタTB10が再び大空を飛行することによって、諸君の大空への夢や興味を大いに刺激して、さらなる勉学意欲をかき立ててくれると期待しています。
 
9月より飛行を再開するソカタTB10

● 戻る