大学院2年生久保あゆみさんが国際会議で研究発表


6月9日―13日に ベルリンのEstrelホテルで米国機械学会主催のASME Turbo Expo 2008 が開催され,修士2年生の久保あゆみさんが,”Aerodynamically Coupled Flutter of Multiple Blade Rows”(複数翼列の空力連成フラッタ)と題する難波昌伸教授との連名の論文を発表しました.この会議はガスタービン工学・技術関連の世界最大の定期開 催国際会議であり,論文予備審査には各論文に3名の査読者を付けるハイレベルな会議です.最終日の午後が発表日でしたが,活発な質疑応答となりました.米 国の大学に在職の日本人研究者が,綺麗な英語のプレゼンテーションと充実した内容の両方に感服したと言っていました.学生の発表者のほとんどはPHD学生 ですから久保さんがおそらく最年少発表者でしょう.




ニュースへ戻る