操縦訓練用の最新型セスナ172Sの第一便、第2便が到着
 本学科の専修課程 パ イロット養成コースで使用する7機の最新型セスナ172Sの第一便(1/7)と第2便(1/20)が到着しました。1月7日に最初に到着した機体は2号機 (JA32UK)で、1号機(JA31UK)はセスナ社 から港までの輸送に遅れが生じたため、1月20日に無事に到着しました。
 以下の写真は、パイロット養成で協力協定を締結している本田航空(株)に組み立てのために到着した2号機です。これらの機体は、組み立てられた後、最初 に飛行教官の訓練に使用されます。その後、3月には本学の熊本空港キャンパスに飛来する予定です。




 戻る