セスナ172S型機追加導入


まもなく梅雨明けの崇城大学熊本空港キャンパスにセスナ172S 型機が2機追加導入されました。
前回導入分とあわせて計4機体制でパイロット養成コースの実習にあたることになります。
導入に伴い、すべての機体にデカールが施されました。
 

垂直尾翼にはSOJOのロゴ入りです。


格納庫内には4機のセスナ172S型機が整列。

8月からパイロット養成コース2年生の本格的な操縦訓練が始まります。




ニュースへ戻る