ご案内(総合課程・専修課程)
 本学科は、将来、航空エンジニアを目指す総合課程の宇宙航空システム専攻と、航空整備士やパイロットを目指す専修課程の整備学専攻と操縦
  学専攻からなっています。宇宙航空システム専攻では、学科の教育目標である「基礎重点・実学重視」の下で、ユニークな実験や実習が組み込まれており、知らず知らずのうちに航空宇宙に関する知見が実につけられるように工夫されています。 
    一方、専修課程においては、国内の大学では初となる「二等航空整備士指定養成課程」が設置されてると共に、こちらも国内の大学では初とな
     る航空機使用事業所の認可を受けた訓練施設を有しています。両施設は、エアラインの飛行機が頻繁に離発着する熊本空港に隣接した広大な空港キャンパス内にあり、ここでは、将来エアラインの航空整備士を目指す航空整備学専攻の学生や、パイロットを目指す操縦学専攻の学生達が学習や訓練に励んでいます。
 
学びのための8分野(総合課程 宇宙航空システム専攻)
    1.空気力学分野
    2.構造・材料分野
    3.飛行力学・制御分野
    4.航空宇宙機設計分野
   5.推進・原動機分野
   6.宇宙航行力学分野
   7.運航・整備分野
   8.共通関連分野
 
お知らせ
 
  ・空港レストランの今月のメニュー =>  メニュー
    カロリー計算の例
:空港キャンパスのメニューは全てこの様なカロリー計算に基づいています) 
 
学科内専用
各学年への連絡 学科内ネットワーク情報 サーバー接続情報 掲示をされる先生方へ
 
ご質問・ご要望など、aerospace-info@arsp.sojo-u.ac.jp までお寄せください。 【崇城大学・工学部・宇宙航空システム工学科】

崇城大学のホームページへ